祝電サービス

祝電サービス 2018年 全国に料金均一で喜ばれています!

祝電サービス

祝電祝電とは。電報を使ってお祝いのメッセージを送るサービスです。祝電の用途としては、結婚のお祝いとして結婚式の披露宴の会場へお届けするものです。披露宴に招待されても、遠方であったり、仕事の関係で結婚式に出席できない事もあると思います。〜そんな時に、お祝いのメッセージを祝電を使ってお届するものです。祝電の料金は、NTTでは、【台紙/カード+文字の数】で決まりますが、ここでは、料金均一で全国に配達できる祝電サービスをご紹介させて頂いています。

祝電サービス|結婚式への送り方

 

ご案内

結婚式のお祝いの気持ちを伝える祝電ですが、最近ではプレゼントも兼ねて利用されることが多くなっています。

その為、プリザーブドフラワーがセットになった、「プリザーブドフラワー電報」が便利に使え、お洒落な商品と言えるでしょう。



また、女性に喜ばれるのが、ぬいぐるみで結婚式を演出できるよう企画されたものです。ほとんどが、新郎・新婦をペアにしたタイプの「ぬいぐるみ電報」として発売されています。


一方、男性に送る祝電は、シンプルな台紙が好まれる傾向にあります。華やかさをかもしながら、高級感のあるものです。

新婦



結婚式の機会にだけ利用される傾向の強い祝電ですが、ご相手へのあたたかいメッセージを掲載されている文例を利用して送って下さい。


全国に安心して送れる祝電サービスです。このままインターネットから便利にご利用ください。祝電サービス受付/台紙一覧

 

 

バナー

 

結婚式・祝電って送ったことありますか?

 

結婚式に送る祝電とは!?

例えば、結婚式に残念ながら欠席する場合に送る、お祝いのメッセージです。最近の祝電は、台紙形式以外にもぬいぐるみやプリザーブドフラワーなどが添えられたものが人気です。メッセージだけでなく、見た目のかわいさと、結婚式後に飾ることができるところが利用されている理由です。

 

結婚式を華やかな雰囲気にする、バルーンの電報も最近の人気です。ふわふわ浮かぶバルーンは、受付や会場を盛り上げる演出効果があります。テーブルにセッティングできる浮かばないバルーンのタイプもありますよ。サプライズ感もあり、個性的な電報を送りたい人におすすめです。パソコンやスマホなどのネットから、簡単に注文することができます。

 

結婚式に祝電を送るときに注意したいマナーがあります。

まずは文面。分かれる、離れる、重ね重ね、たびたび、など離婚や再婚をイメージする忌み言葉というのがあります。この縁起の悪いといわれる言葉が結構たくさんあるんです。そのような言葉を使わないように、文例集やサンプル文を参考に文章を作成しましょう。

 

そして祝電の到着は、結婚式開始時間の最低1時間前までに。
会場や開催日時を確認し、新郎新婦の名前を間違えないように送付しましょう。

 

結婚式に祝電を送るために

 

祝電の使い方!結婚式に招待されたけれど、欠席する時

電報をを送ってみましょう。
結婚式に招待されたけれど、欠席する時
招待されていないけれどもお祝いのメッセージを伝えたい時

 

相手の方が結婚式をあげるならば結婚式に電報を送るとよいでしょう。

 

お祝いの電報のことを祝電といいます。

 

祝電は送付先(会場の住所とできれば部屋名もあるとよいでしょう)、
受取人の氏名(新婦宛の場合は旧姓で送るようにします)、
送付日、祝電の文面といった情報が必要です。

 

文面は祝電用に文例が用意されていますがせっかくなのでオリジナルの文面がよいでしょう。その際には結婚式にふさわしくない終わる、切るやたびたびといったような重ね言葉がないか必ず確認しましょう。

 

また披露宴で読まれることもありますので必ず自分のフルネーム、
もしくは複数人からであれば○○社員一同などといれましょう。

 

電報の種類はメッセージとバルーンが一緒に届くバルーン電報やキャラクターのぬいぐるみ電報、
花束や花の入った籠が一緒に届くフラワー電報、ブリザーブドフラワー電報など多数あります。

 

祝電は送付日の1ヶ月前から予約可能です。地域によって当日配送も可能です。
インターネットからの申し込みも可能なので直前になって慌てないよう早めに予約しておきましょう。